お目当ての相手から連絡先をゲットする必勝法

彼氏が欲しいときには…

彼氏が欲しいときには、合コンなどに積極的に参加するでしょう。
5,6人くらいの男性と顔を合わせれば、その中にタイプの男性が1人くらいは混ざっているものです。
男女のグループ別に向かい合って座っていて、たまたまお目当ての男性が向かい側にいるときには連絡先の交換などもしやすいです。
話が盛り上がってきたときに、さりげなく携帯電話の番号やメールアドレスなどを聞けるでしょう。
連絡先が交換できれば、合コンが終わった後も少しずつ、メールなどでやり取りしながら、じっくりと恋愛関係を育むことができます。
最初は、それほど乗り気な相手でなくても、何度もメールでやり取りしている間に恋愛感情が芽生えることもあるため、お目当て相手がいる場合には、連絡先の交換を逃してはいけません。
ただ、最初に座った席から少し離れた席にお目当て相手がいると、連絡先の交換がしづらいです。
その場合には、お目当ての男性の向かい側の人がトイレなどに立ったときに、席を移動して行きましょう。
向かい側に陣取ることで、話もしやすくなり、電話番号やメールアドレスの交換もごく自然に言い出せます。
また、電話番号やメールアドレスよりもSNSなどのIDを交換する方がやりやすいです。
相手も特にためらうことなく教えてくれるでしょう。
メッセージのやり取りをする際にも、通常のメールよりSNSを使った方が気軽にできます。
恋愛の話などをするときにも、SNSだとやりやすいと感じる人が多いです。
合コンの最中に、SNSやメールアドレスなどの交換を言い出せなかった場合には、帰るときに聞くという方法も有効です。
帰り際に相手の興味を惹くような内容の話をしてみましょう。
駅などで別れるときに、もっと話したいということで、自然にSNSやメールアドレスを交換できます。
SNSのIDを教える際には、間違えやすい文字などを伝えるとスムーズに行きます。
また、あらかじめプロフィール写真を登録しておきましょう。
個性的なプロフィール写真があれば、同姓同名の人がいても、見つけやすいです。
そして、連絡先を交換したら、それで終わりではありません。
ここからが大切です。
帰宅後か次の日の午前中あたりに、連絡を入れましょう。
そして、少しずつ話をしていき、距離を縮めて行きます。
そうすると、次第に2人で会おうという話が持ち上がることがあります。
そして、何度か会っていくうちに恋愛関係に発展させていきましょう。

ハート


コメントを残す